えひめ飲料

ポンジュースおかげさまで50周年

ポン50! NEWS

2019/12/06

ポンジュース50周年に思う〜若手社員篇 その①〜

ポンジュース50周年に思う〜若手社員篇〜

50周年を迎えたポンジュースへの思いを、えひめ飲料営業企画課のフレッシュな若手社員が語りました!



50周年を迎えたポンジュースについて
  • 岩本:私は愛媛県出身ですが、小学校の給食や休み時間に、紙パックのポンジュースが出ていました。私にとってポンジュースは、子どもの頃から身近にある、なじみ深い飲み物です。
    岩本さん
  • 森永:愛媛県と香川県では、学校給食でポンジュースが出るのですよね!
  • 道辻:私も子どもの頃に、祖母と一緒に飲んだ思い出があります。地元である愛媛県内はもちろん、全国の方にも広く知っていただけているのがうれしいです。
  • 岩本:愛媛県に来てくれた観光客の方なども、お土産としてポンジュースをよく買ってくれているそうです。
  • 尾﨑:私も、県外の友人に「ポンジュースの仕事をしている」と言うと、「あのポンジュースね!」とすぐに伝わりました。
  • 森永:うれしいことに、日本での認知度は94%もあり、多くの方が愛媛県といえばポンジュースと答えてくれます。こうして幅広く皆さんに知っていただけているのは、ちょっとした自慢です!
    森永さん
ポンジュースの仕事に関わって印象に残っていること
  • 尾﨑:実はこのたび、新ボトルのキャンペーンラベルの一部に、絵を描かせてもらいました!イラストを書くことが好きで、入社するときもデザインに携わりたいと考えていたので、お店に並んでいるのを見たときは本当に感激しました。私の親も「買ったよ!」と喜んでくれました。
    尾﨑さん
  • 岩本:お店に並んでいるのはもちろん、手に取って買ってくださる瞬間を見ると、本当にうれしいですね。もっと皆さんに興味を持ってもらい、好きになってもらえるようにがんばろうと思います!
  • 森永:デザインもですが、商品やキャンペーンなど、ほとんどのものはゼロから始まります。いろいろな方に協力してもらいながらも、形になったときはとても達成感があります。さらに、皆さんに良い評価や感想をいただけたときは、喜びもひとしおです。
  • 道辻:お客さまからの反応は本当にありがたいです! えひめ飲料ではメルマガを配信していますが、ポンジュースの思い出についてアンケートを実施したとき、私と同じように「祖父母と飲んだ」というものや「家族で飲んでいる」「小さい頃から飲んでいる」という回答をいただきました。温かい気持ちになり、ポンジュースが皆さんの日常とともにあることを誇らしく思いました。
    道辻さん
  • その②に続きます。

ポン50! NEWS 一覧へ