えひめ飲料

ポンジュースおかげさまで50周年

ポン50! NEWS

2019/09/25

最初のボトルの大きさは?

ポンジュースは、時代とともに姿を変えてきました。
2019年の新しいパッケージは、実は10代目に当たります。

初代のポンジュースは昭和27年(1952年)に発売されましたが、今と大きく異なっています。デザインはもちろんのこと、サイズも異なっているのですが、いったいどのくらいの大きさだったと思いますか?

①180ml
②360ml
③540ml

●ヒント:当時の広告グラフィック

正解は、①の180mlです!

容器はペットボトルではなく、ビン容器でした!
ペットボトルに変わったのは、平成10年(1998年)と、意外と最近になってからです。
振り返ってみると、ジュースに関する習慣や技術の変化が伺えますね。

果汁100%になったのは、昭和44年(1969年)の3代目となるポンジュースからです。
そして、今回の10代目のパッケージとともに50周年!

●昭和44年(1969年)のボトル

本サイトには、これまでのパッケージの歴史が掲載されていますので、あわせてお楽しみください!

ポン50! NEWS 一覧へ